平塚市の整体院腰痛.坐骨神経痛.膝痛を再発ない治療の平塚不動療整院に

平塚の整体慢性の腰痛.坐骨神経痛.膝痛.股関節痛.鼠径部痛の原因治療2〜3回で再発ない原因治療します.高レベルの気功で肩こり.首の痛み.ひじ痛.腕の痛み治療致します
<< 膝痛.股関節痛.足の付け根鼠径部痛再発しない原因治療の平塚市整体不動療整院 | main | 腰痛の原因は内臓疾患で重篤な激痛になります平塚市整体不動療整院 >>
NHK放送のストレス性腰痛には悪化の原因が有ります、原因治療出来ます平塚市不動療整院
0

     不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14−44 「Tel:0463-21-6834」平塚の気功整体の治療院です

    • 専門特化した当整体院においでください、慢性の腰痛・坐骨神経痛 膝痛・股関節痛・鼠径部痛+恥骨痛は全て骨格、筋肉靭帯すじの硬直で神経を圧迫して痛みが出ます、首が痛い肩こり性の方体質改善致します

    当院は来院の方は、東京都、横浜市、川崎市、鎌倉市、横須賀市、逗子市、藤沢市、大和市、綾瀬市、厚木市、相模原市、小田原市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、中井町などから来院頂いております、何年も続く痛みの治療においでになります

     
     

     

    平塚の整体 不動療整院 神奈川県平塚市四之宮2−14−44  要予約「Tel:0463-21-6834」定休日:水曜日 


    エキテンに投稿された当院の口コミです

     

     

    院長 沼田治男 不動療整院 平塚の気功の整体院です



         
    先日NHKで放送のストレス性腰痛

    慢性の腰痛・坐骨神経痛が悪化しているのです原因のない痛みなど有りません

    殆どの症状は慢性の坐骨神経痛で、日本人の4人に1人はこの症状はあります

    年齢は早い人で10代の方(成長痛から)も多くおります

    原因がありますので直ぐに治ります、ご心配いりません

     


     

    慢性腰痛・坐骨神経痛には原因があります
    リンクします先に、お読みください

    慢性腰痛・坐骨神経痛のページ 

    普通の腰痛・坐骨神経痛が本当のストレス性腰痛・坐骨神経痛に移行してしまう前に原因から治療をしましょう


     

     重篤な状態(稀な症状、めったにない)

    (常にストレスが好きな人身体を休める事無くいつも、動いている方で少しぐらいの慢性的な腰痛があっても常に身体を動かしている、身体を休めるのが、下手な人)で、なを内臓(胃腸が弱い方)が長期的な強いで内臓が原因の腰痛で3、6ヶ月間歩くことが出来ない状態まで至った方もおります
    大腰筋、腸腰筋は(腰から骨盤内、大腿骨に繋がっています)歩けなくなります

     


     

    このページ内容は数年前から同じです、NHK放送のような新しいものではありません、来院の方の多くは心療内科に長く(7〜8年)通院していて、只の慢性の坐骨神経痛(腰痛・お尻が痛い・股関節痛・太ももの裏側・膝痛・ふくらはぎ痛)原因不明にされて投薬で線維筋痛症までになっているのが現状です

    慢性の坐骨神経痛が過度なストレスで身体全体の痛みまで進んでしまいます

    脳が痛みを覚えてしまう、病気の少し手前です、此の症状が進むと線維筋痛症になります、早期の治療お勧めします

    このページはストレス性腰痛・坐骨神経痛の原因治療を紹介しています


    ストレスで暴飲暴食飲酒でも腰痛になります

    坐骨神経痛、骨格形状が原因(腰痛も伴います)此の二つの見極めが大事です、

    慢性腰痛・坐骨神経痛はストレスが原因のホルモン異常で、痛みを身体が覚えてしまうのです

    慢性の腰痛・坐骨神経痛の元の原因から治しましょう原因を治せば後はストレス治療です
      
    ここで慢性腰痛の原因を先に記します、まずは慢性腰痛を治しましょう

    原因不明の腰痛は殆どありません、慢性の腰痛・坐骨神経痛です、骨に異常が無いので、整形外科では慢性の腰痛・坐骨神経痛をストレス性(原因不明の腰痛にしてしまう)

     

     

     

     

     

     

     

     


      ストレスが原因で暴飲暴食:腰痛になります
     
    暴飲暴食
    飲酒・アルコール)が直接の原因で腰痛原因では多いい、症例です

     

     

     

     

     

     


     

     

     

     

     


    不動療整院 「Tel:0463-21-6834」要予約

    神奈川県平塚市四之宮2−14−44
     サイゼリア平塚店 右隣 
    定休日:水曜日

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     



     

    リンパ球の減少で身体中が痛くなる 
     ストレスが原因でリンパ液の減少(線維筋痛症に至る場合もあります)



      体調不良の救世主ーエンドルフィン  の分泌が多いい方は体調の不調が無い。

     
     お待たせしました、この先はストレス性腰痛です

      ストレス性の腰痛


    前記四つの原因にストレスが加わるケース、 ストレス反応はなぜ体調不良を起こすのかホルモン異常です 。


    痛みのストレスに精神面のストレスが加わるとストレスが倍増して、 アドレナリンの分泌を活発にして、防御態勢を整えます、ここまでは誰でもなります。

    多くの人は、この辺りまででストレスに耐えられなくなり、ストレスを回避する事を考えてストレス解消に進み、事なきを得ます。




    精神面のストレス


    まず腰痛の痛みが(長く続くと)ストレスになります、ストレスの感じ方は、人それぞれ日常生活のストレス、

    近所付き合い・子供の教育・夫婦関係・親類関係・生活苦、も在るかも知れません。



          社会生活のストレス

    会社での仕事のストレス・人間関係・仕事に付随したあらゆる出来事。


    殆どのストレスの原因は、当事者にとっては、逃れる・回避できない、事柄ばかりだと思います。



    外的ストレス・精神的なストレス関係なく、脳が反応して、アドレナリンの分泌を倍増させます アドレナリンは顆粒球と結合します。


      顆粒球が増量すると、リンパ球の減少

    身体をリラックス状態にしてくれるリンパ球/が減少します。

    それとともに、身体の痛みを緩和してくれる、エンドルフィンの分泌も減少します。 

    このホルモンの悪しき連鎖でストレス性腰痛が悪化します。



    顆粒球の増量で以下の症状に移行します。

    ・血行不良(血管の収縮) 
    ・活性酸素の増加(身体が錆る) 
    ・低体温 
    ・呼吸不良(浅い・速い)
    ・神経のイライラ
    身体が常に緊迫状態になります。

    ストレスが原因で腰痛それと共に。
    ・筋肉に疲労物質を残し筋肉痛 
    ・肩こり
    ・首こり・頭痛・吐気・めまい
    ・靭帯の硬直を起こす

    勿論腰痛筋肉のインナーマッスルに疲労物質を残し痛みの連鎖が起こります。



    身体は、ストレスを感じると

    顆粒球と結合したアドレナリンの影響で、血管(毛細血管)を収縮させて身体を守ろうと反応します。

    顆粒球が多くなると白血球の中のホルモンバランスが崩れます。

    リンパ球が減る ストレスによる顆粒球の増量で身体をリラックスさせる、リンパ球の減少で益々血流量が減り痛みを増幅させます。

    血液は細胞に栄養や酸素を送るために流れますが血流が悪くなると。

    細胞内の再生エネルギーが減少します、 人間がストレスに耐えられるのは、一時的なものだけです。

    原子の時代から生きてゆく、手段で野生動物の狩り、自然界で生きてゆく為のストレスだったはずです、例えば狩りをして獲物がうまく捕れない、あくる日獲物が捕れれば、ストレスは解消されます。

    しかし現在では慢性的ストレスを抱える方が非常に多く、現代のストレスは多種多様。

    ある患者さんに事情を聴いてみると。 自分自身がストレス製造マシンのように、自分以外の行為・事柄に対して普通の考え方の人より敏感に反応してしまう。

    自分が解っていても、ストレスを強く感じる方はそのコントロールが苦手な人 がおります。

    ストレスが原因で、腰痛が激しくなる方には上記のような事に、心当たり在りませんか。

    誰でもがストレス性の腰痛にまで至る訳ではありませんよ。 







    不動療整院

    神奈川県平塚市四之宮2−14−44

     要予約  「tel:0463-21-6834」 

    定休日水曜日


    営業時間 09:30〜20:00 受付




     

     

     

     

         
      このようなストレス性の腰痛悪化とは別に。


    医療機関で長期に渡る診療で、一過性の腰痛が悪化した例。

    65才女性、歩いていて、砂利に足を取られて転び捻挫をしました、捻挫の足の腫れ痛みは取れましたが。

    膝の裏側に痛みが残りました、そうこうするうちに半年が経過して、腰が痛くになり整形外科で検査、骨に異常がなく機能的に問題ない。

    それでも痛いものは痛い、病院内で、心療内科に回され原因の腰痛と診断され、また半年が過ぎ。

    この患者さん、其のころには本当の腰痛に苦しんでいました。

    医療機関では、レントゲンなどの検査で異常がないと原因不明にしてしまいます。

    来院、初回で一過性の腰痛と判りました、捻挫が原因で腰痛(腰だけでなく脚でん部などに痛みがありました)

    これは腰痛の典型的な症状です、 普通の慢性腰痛と同じ症状でした。

    ただの捻挫の典型的な足の症状で(足の骨の立方骨)が 下がっていました、

    これが一過性の腰痛の原因でした、立方骨を基に戻し腰痛の原因筋肉の痛みを取り、2回の施術で完治。


    同じようなケースで医療機関だけの治療で5年〜6年経過した患者さん。

    、昨年実数一年間で3人居りました、心療内科の治療で数年経過して身体全体が痛い状態で最悪でした。

     本当の病人になっていました。 この3人の患者さん共に一致したところがありました。

    医療機関以外で治療をしていないで何年も経過している、確かに医療機関は保険がきく、ある程度の信頼性はあります。

    しかし判らない、治せない、ストレスが原因にしてしまい、本当の病人になって居ます。




     頭が腰痛の痛みを覚えてしまう。

    ただの慢性腰痛のはずが、脳が痛みを覚えてしまい、身体全体が痛みを感じる。

    アドレナリンの分泌が異常に高まり簡単に正常な状態に戻りません、ホルモン分泌が元のバランスに戻らなくなる。

    自律神経失調症の状態になります、最悪の事態まで行きます。

    この状態まで、いたると身体全体の痛みがストレスになり痛みの増幅・連鎖になってしまいます。

    なお医療機関のだけの診療を続けると神経の異常と診断されます、鎮痛剤など、副作用の強い薬の処方で身体が動かせなくなります。

    この様なストレスが原因ではない腰痛がストレスを伴い病気になる。

     

     

     


     ストレスの軽減と、腰痛予防治療


    ストレスで腰痛は悪化しますが、ストレスの軽減で腰痛が改善するものではありませんありません。

    ストレスの軽減と共に、腰痛の元の原因を治療することです、改善してゆきましょう。

    痛みがつずく限り、腰痛の痛みのストレスを取り去ることはできません。

    精神面のストレス・痛みのストレスまず原因が簡単な方から対処しましょう。


      
    治療対処1


     前期の、慢性腰痛の原因の中から、自分に合った治療を試みてください。
    痛みのストレスをまず軽減することです、

    痛みのストレスが原因の脳血流をを改善してゆきます、脳の血流はストレスと深く関係しています、 解消法(笑うこと、好きな事をやる事)

    脳血流が悪く成ると、確実にストレスが、悪化します。

    ホルモンバランスが悪く成ると、痛みを感じて身体の痛みを緩和して身体を、リラックス状態にしてくれる、ホルモン、エンドルフィン以下。

    痛みを感じると、体内で鎮痛物質を作りだし、痛みを緩和させます。

    ストレスて脳血流が低下すると、体内でホルモンバランスガ悪くなってしまい、
    耐え難い激痛になってしまいます。

    ストレスによって脳血流が低下する、如何すればいい、どうしょうの繰り返しで、自律神経の働きが悪く成る。

    誰でも経験が在ると思いますが、ある軽い悩み事が解決した時に、頭がスッキリした経験が在ると思います、ストレスの解決です。

    そんなに簡単な事ではない、そのとうりです、しかしストレスのメカニズムはストレスの大小に関係なく同じです。

    ストレスは簡単に忘れることはできません、解決することも困難な事が殆どです。

    解決できない・忘れられない、のであれば。

    解決に、あらゆる手段を尽くします、自分で解決がどうしても付かない事は、信頼の置ける誰かに、ぶちまけて相談をする。

    今、これを読んでいる貴方は、他の人に力を借りる等、自分以外の人の力を借りる、誰かに頼る等の人好き合がうまくない人ではないですか?




      特殊 例めったにない



    ストレス性の腰痛(この方首痛も在りました)の方での考え方で、違和感を感じた例を挙げて待ます。

    車が好きで、オフロード車をお持ちでしたストレス解消に日曜日に林道でも走りに行ったらいかがですか。

    と言ったら、最近、休みの日は高速道路が混んでいて、目的地に行くのに時間がかかる、ので行けない。

    ここで普通に考えれば朝早く出かければ、解決する話ですが、この方の考え方は。

    日曜日に何で車でみんな出かけるんだ、だから混むんだ。

     普通では考えられない返事でした、自分でストレスを作りだしてしまう、しかしこの方にとってはなにも不思議ではないのです。

    ストレスを溜めやすい方々に共通している事ですが、自分以外の人に常に批判的な事です。

    自分を、上手く表現できない人が多いい、前期に在る人付き合いがうまくできない。

    相手によっては素直になるのですが、人に対して不信感を持ちやすい人、この方々は
    ご自分でも、そんな自分の性格を解って居ます。

    私は精神科の医者では有りませんが、ストレスを溜めやすい方の典型的な例です。

    ストレス性の腰痛の方、同じような考え方をする方多いいです

        自分が好きな事


       

       
    悩み事はそのままで次に進む

    楽しい、嬉しい、自分自身が快適に感じること、他の人に喜び・楽しみを与えることが出来ればもっと効果が在ります。

    精神面に刺激を与えるためには、好きな食べ物を食べたり、好きな音楽を聴くことで鎮痛作用ホルモン、エンドルフィンの分泌が高まります。

    特に、笑うことは脳を大きく刺激出来ます、エンドルフィンを多く分泌して自然な鎮痛効果を高めることができます。

    笑いの効果は、作り笑いでも効果画あるのです、例えば誰かに朝の挨拶、笑顔の挨拶をして見ましょう自分が変わってゆきます。

    普段から笑うことでストレス軽減と腰の痛み緩和を手伝ってくれるでしょう。

    なかなか難しい事になるでしょうが、無理せずに試してみましょう。

    ストレスで血流が悪くなる、この連鎖は普通の治療ではなかなか痛みが治なおるまでの期間は長くかかります、

    ストレスからくる身体の不調・影響を出来るだけ減らす対策が必要です。

    ストレス反応で一番気に血流の低下です、血流の低下で痛めている筋肉や筋に必要な栄養素が流れなくなっています。

    ストレスでエネルギーの消費が多く成ります、まず血流の量を増やすことです、
     

    血流の改善には、温めるのが一番です、冷え対策は必ず、行ってください、血管は寒くなると縮まり。

    温かくなると緩みます、前記の胃下垂の方で、冬にだけ腰痛が激しく出る、方も居ります。


    ストレス性の腰痛が激しく成るのも、寒い時期が多いいのです、これを温めることで血流は改善します。

    首・腰・腹(へその下)を温めると身体全体が温まります、お風呂は湯船に必ず入り、半身浴がこうかがあります。

    冷たい飲み物は絶対に摂らないようにしましょう、夏でも冬でも同じです。

    腰痛にも季節が在ります、真冬・真夏です 冬は寒さで血流が悪く成り、夏は冷たい飲み物を多く捕る、1月2月・7月8月が腰痛のピーク時期です。


    温かい飲み物だけに心がけ、缶コーヒなど、ビールのアルコールは身体を冷やします血管を縮め血流を悪くします。



        

       
     まとめ 腰痛

    此の症状は体質遺伝で、症状が出ます、私も父親系の体質で体型も同じ、腰から下の状態は最悪です。

    私の兄弟は他に三人居りますが兄・姉は母親体質で、皆68才過ぎていますが、足腰に何の異常もありません私だけです。

    私は35年前に腰痛の治療をその当時、整体の先生に直してもらい、今に、至っています、
    (この時がきっかけで今、治療家をしています)

    勿論35年前に治療してそのまま症状が出ないわけではありません、日々のケアーはしています。自分でできる。

    今も仙骨と腸骨の接合部分が少し痛いです。

        しかし35年前痛かった状態、立っている事ができず、座り込むこともしばしばでした。



       治ります

     

     

    | 治ちゃん | ストレス性 腰痛 | - | - |
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE